1. ホーム
  2. 事業内容
  3. IT人材育成事業
  4. アンケート結果
  5. 平成27年度
  6. 【18】信頼されるSEに求められる問題解決スキル

事業内容
BUSINESS

【18】信頼されるSEに求められる問題解決スキル

 

講座名 【18】信頼されるSEに求められる問題解決スキル
講座内容実習期間 平成28年2月9日(火)~2月10日(水)
研修のねらい システム開発や運用保守のプロジェクトでは、さまざまなトラブルに対処していく必要があります。
本コースでは、プロジェクトマネジメントの手法などをベースに、問題の定義・分類、問題解決プロセスといった項目を学習します。
演習では、失敗プロジェクトを基にしたケーススタディを行います。学習内容の定着化と困難な問題に取り組む姿勢を養うことにより、SEとして現場で必要とされる問題解決スキルの向上を図ります。
目標
  1. 問題とは何かを把握する。
  2. 問題解決のプロセスに基づき問題を解決する。
  3. 問題を未然に防ぐ。
受講生の声目標達成度
  • 実践してみます。
  • 原因を問題としてしまう時がありそう。
総合評価
  • 演習が多かったのは良かった。
  • 演習が多くてよかったです。
講師の評価受講者

講義時、演習時ともに非常に熱心にご受講くださいました。講義時はテキストや、持参したノートにメモをされることもあり、積極的に受講されていました。また、演習も講師からの少しのアドバイスでスムーズに進められていました。実務では通常、問題が発生した時、経験や勘を基に解決策を考え実行しますが、お客様から信頼を得るには、再発防止策の提案が必須です。その際、再発防止策を『組織』として検討するには『問題解決のプロセス』に沿って進めることが効果的であることを、講義や演習(合計3回)を通して、ご理解いただけたと考えます。
特に、全員(3名)がシステムの運用を担当されているからか、システム運用シーンでの問題解決演習では、短時間で品質の良いアウトプットができていました。

所感 受講者の方から「お客様にトラブル報告をする際、再発防止策を考えないといけない。その時に、学習した『問題解決のプロセス』が使える。」と、最後に感想をいただきました。その通りと考えます。
実務でも『問題解決のプロセス』がスムーズに進められるように、今回学習した内容を組織内にも広めていただきたいです。

 

 

総合評価

 

【18】総合評価