1. ホーム
  2. 事業内容
  3. IT人材育成事業
  4. アンケート結果
  5. 平成27年度
  6. 【4】Rails4実践開発(1回目)

事業内容
BUSINESS

【4】Rails4実践開発(1回目)

 

講座名 【4】Rails4実践開発(1回目)
講座内容実習期間 平成27年6月17日(水)~6月19日(金)
研修のねらい Ruby on Rails 4 を用いた、Webアプリケーション開発の実践的手法について、実際にチュートリアルアプリケーションを作成しながら学習します。
Rails4から導入された新しい概念や機能などを紹介しながら、Railsに関する基本的な知識についても再確認できることを企図します。
目標
  1. Rails4による開発環境の構築ができる。
  2. Rails4でWebアプリケーションの雛型が作成できる。
  3. Rails4の主要な新機能について概要を把握できる。
  4. RubyGemsを用いたWebアプリケーションの機能拡張について基本的な手法を理解できる。
受講生の声目標達成度
  • セキュリティ的に気にすべき箇所をきけてよかった。
  • ある程度の機能については理解できました。
  • Rspecについても、期待していたのですがチュートリアルのボリュームが多かった。RailsについてはOKです!
  • ある程度は理解できた為。
  • エディタに貼るのに必死で、説明を全て聞けなかったため。
  • 受講しながら、チュートリアル記載内容を機械的に操作するので手一杯でした。
  • ついて行くのが精一杯で理解できなかったです
総合評価
  • rails tutorial を追いながら、最近の動向も話してもらいよかった
  • 重要なポイントをおさえて頂いて説明されたので、良かったです。
  • 実際に作りあげていくため、とても良い勉強になりました。
  • チュートリアルの途中までで終了しても良いので、テストコードも講習でもっとやってほしかった。
  • チュートリアルを最後まで実施してもらえたことで、全体の内容を知ることができた。
  • 基礎がなかったため、何をしているのか分らなかったです
講師の評価受講者 ウェブアプリケーションの経験があまりない初心者層と、ある程度経験がある中級者層がおおよそ半数ずつ受講されていました。
今回は、できるだけ初心者層向けに内容を調整しました。
所感 今年度からRails4向けに内容を一新しいたしましたが、難易度・分量の面で適正な既存のテキストが見つからなかったため、最も想定するレベルに近かったRailsチュートリアルの内容を調整して講座を実施するという形にいたしました。
しかし、調整の度合いが不十分で、特に初心者層の方の満足度が低いという結果になってしまいましたので、来年度は、今年度の反省を踏まえ、内容をさらに洗練したいと考えております。

 

 

総合評価

 

【4】総合評価